難病&リストラ、そして妻はパートに・・ そんな崖っぷちから脱出するための日記です^^
    スポンサーリンク
4月第1週収支
2017年04月09日 (日) | 編集 |
ご訪問いただきまして、ありがとうございますm(_ _)m
まだまだ初心者のブログですが、明日への活力になりますので、
応援クリック↓を頂けましたら、すごく嬉しいです!



 
木曜日・・・
11000円が鉄板の抵抗線になると予想し、
11010円でINしたけど、その直後に売り崩しを食らい、
(一瞬の売り崩しは許容範囲やったのに…)
10990円で損切ったら、そこから11670円まで急騰・・

金曜日・・・
ドスンと急落した反動狙いで、11600円でINしたら、
泥沼の下げになってしまい、損切り躊躇や不運も重なり
11140円でパニック売り・・ なのにそのあと大反発し、
12000円台まで暴騰する間、怖くてチキン売り連発・・

---

大きく勝てない理由はいろいろあるけど、
わしの場合は、下記二点が悪影響を及ぼしてます。

一つ目は木曜日のような大勝ちチャンスの放棄・・

売りたい人がまだ残ってるタイミングでも、
人より少しでも早く買いたいという気持ちが強く、
思わず先走ってフライング買いする癖があるようです。

ちょっとした値動きに動揺する性格なだけに、
INした直後の最後の売り局面に耐えきれず、
ほんの些細な下げなのに、
先走った行為を反省して一旦損切ってしまうのです・・
(或いはビビって速攻チキン売り…)

この場合の損切りは、
決して褒められた行為ではないと思うのです。

もう一点は、金曜日のような大損を容認する行為で、
火中の栗を拾いに行く愚行・・
これもトレードする上での心理面が悪影響を及ぼした
典型的な失敗トレードで、
損するつもりで、わざとトレードしたんじゃないか?
思えてしまうような、そんな逆張り破滅型の行為と
言えるのです。

要するに、INの失敗だけじゃなく、Exitでも失敗し、
どこまで落ち続けるのか分からない局面なのに、
負けを認めたくないがゆえに損切りを躊躇するのです。

損切りが遅れたという事は、実際に損切った価格は、
すでにかなり落とされたドン底価格になるので、
殆どの場合、損切った直後から時流が変わり、
大反発が始ってしまい、遅かれ早かれ、
買値をも軽く超えてしまうのです。

わしを含めた多くの人は、ドスンと落とされてしまうと
平常心をキープするのが不可能で、
どこまで落ちてしまうのか分からない恐怖心
又、売り爆弾が出てくるんじゃないのか?”と危惧して
パニック状態になってしまうので、
こうなると、もう、どうする事もできないのです。
損切りしないならしないで、心中するつもりで覚悟を決めるべき?

だったら、そんな状況に遭わないためには、
最初に下げた段階で、素直に負けを認めて
躊躇なく損切っておくべきやし、
損切ったあとも、もう懲り懲りやと諦めたりしないで
大底から反転するのを虎視眈々と狙うべきなのです!!

ただし、その場合も先走りのフライングには要注意!!

大勝の放棄 と 大損の容認
どちらか一つだけでも、早く脱出したいです!

ではでは、今週も張り切って参りましょうww!!^^

※明日(月)は恒例の実家のため日記更新が遅れます。

第1週収支
 3日(月): +23.409円
 4日(火): +20.818円
 5日(水): +15.577円
 6日(木): +13.734円
 7日(金):   -52円

週間収支+73.486円(税引前)

スポンサーリンク
お読みいただきまして、ありがとうございます。m(_ _)m
まだまだ初心者のブログですが、明日への活力になりますので、
応援クリック↓を頂けましたら、すごく嬉しいです!!